税理士法人松岡会計事務所
松岡会計事務所リクルートサイト
エントリー
お問い合わせ

先輩からのメッセージ(※2019年1月現在)

先輩からのメッセージ

とにかく仕事が楽しい!


石井 崚介 こと“イッシー” 22歳・入社3ヶ月目

高校卒業後、専門学校に行き、税理士試験に4科目合格したことから、就職活動し、数社から内定をいただきましたが、代表税理士の松岡敏行先生に惹かれて入社を決めました。入社してまだ3ヶ月ですが、大きな相続(5億円)案件任されるなど他の会計事務所に就職した専門学校仲間からも驚かれるほど、チャレンジさせてもらっています。 小さな会計事務所だと、これほどの相続案件はまずないですし、それを22歳の僕に任せる度量の大きさもすごいなと思います。(もちろん最後は先輩がフォローしてくれますが…)私は他の会社に就職したことはありませんが「社会人ってこんなに楽しいんだ!」ってワクワク・ドキドキの毎日です。

先日、同世代の専門学校仲間と飲んだ時に「会計事務所に就職した割にはイキイキした目をしてるね」って言われて、その子に松岡会計に転職するよう進めたくらい(笑) また、多川先輩など本当に尊敬できる先輩が教育係となり、親切に指導してくれます。いくら税理士試験で理論や計算を勉強してきたとはいえ、実務に関しては全くの素人。自分に足りない、実務的な知識や経験は先輩がちゃんと補完してくれます。例えば、相続申告でも、普通の税理士なら実測も行かず、グーグルマップに縮尺をかけて評価するところ、松岡会計では、現地に足を運んだあと、市役所や法務局等で根拠資料を揃え、1円でも合法的に節税できないか徹底的に調べます。 うして出来上がった申告で数百万円の請求をし、それでもお客様にめちゃくちゃ喜ばれている!「イッシー、数百万円アルバイトで稼ぐん大変やろ(笑)」 そう代表に肩をたたかれたとき“プロフェッショナルってスゴイ”って、そんな仕事に関われて、これまでに味わったことのない、充実感というか、誇りというか、“ジーン”ってきましたね…。

やりがいがあるから頑張れる、頑張れば評価される、そんな好循環の中で楽しく仕事ができています。




人に感謝される素晴らしい仕事


纐纈 千春 こと“ちーちゃん” 新卒入社2年目

私はもともと銀行に勤めたかったんですが、ちょっとした挫折を経験。なかなか内定が出なくて…。 そんな中、実家が自営をしていたのでたまたま税理士と接する機会があり、「誰かのためになる仕事」という意味では同じだなと感じて入社しました。 入社した当時、まだ右も左もわからない頃、代表の敏行先生から「ちーちゃん、相続業務やってみる?」と、会計事務所では特殊な分野を任されました。 その仕事が自分には合っていて、相続関係業務が得意分野に。
今では相続関係業務から派生して資産管理会社15社を受け持ち、税理士に代ってお客様を訪問するなど「任されて仕事をする」のは楽しいですよ。ある時、贈与の案件を担当した時の事。実は土地を子供に相続したいけれどどうすれば良いか分からず何年も悩み続けていた、そう打ち明けてくださいました。
「肩の荷が下りたよ、ありがとう」という言葉を頂いてすごく感激。そして同時に、自分の担当を大事にしていきたい!もっとお客様に信頼してもらいたい、早く一人前になりたい!そう思う気持ちが膨らみました。

先日、松岡会計事務所主催のパーティーがあったのですが、先輩たちがたくさんの顧問先から「〇〇ちゃん」「〇〇君」って引っ張りだこになっていて、あんな風に経営者から尊敬されて、親しまれて、カッコいいなー…私もいつかあんな風になりたいなー…って、まだ入社2年目ですが憧れますね。






Copyright(C)税理士法人松岡会計事務所.All Rights Reserved.